2011年05月28日

『サカキマンゴーとカレーライス』

次回『◯◯とカレーライス』は親指ピアノ奏者のサカキマンゴー氏!

「サカキマンゴーとカレーライス」

2011
6/19(日)

live: サカキマンゴー

@アララギ

open 19:00

start 20:00

close 23:00

二部構成の為、30分程の休憩が入ります。


当日charge 2,500円(1curry+1drink 付き)

前売りcharge2,000円!(1curry+1drink 付き)
前売りは電話予約か店頭にてお願いします。


住所:大阪市中央区谷町六丁目18番28号(2階はIN/SECTSの事務所)
電話:06−6764−1238

電話予約 アララギ:06ー6764ー1238
     ボタ  :06ー6241ー5273


今回は親指ピアノとカレーライスの共演!お座敷ステージで、鳴り響く音色と香辛料の香り。

アフリカかアジアか?鹿児島か宮崎か?何とも異国情緒たっぷりな夜になりそうです。

1カリー、1ドリンク付きのイベント、ディナーショー 。

この日は、アジアのカリーだけではなく、カレーライスも作ります。


おこしやす。

sakakimango01.jpg
アフリカの楽器・親指ピアノの可能性を日本から更新する「親指ピアニスト」。現地調査を自ら行いアフリカ各地の伝統的な演奏スタイルをふまえつつ、テクノもパンクもファンクも音響派も通過した現代日本人ならではの表現を展開している。ソロ・アルバム「limba train」(2006)に続き、サカキマンゴー&リンバ・トレイン・サウンド・システム名義で2008年にリリースした「LIMBA ROCK」もミュージック・マガジン誌のベスト・アルバム、ワールド・ミュージック部門でベスト10入りを果たした。タンザニアで開かれた国際音楽祭"SAUTI ZA BUSARA"に初の日本人アーティストとしてソロ出場したほか、韓国最大級のジャズ・フェスティバルに招聘されるなど、国内外で注目を集めている。ドキュメンタリー映画「チョコラ!」の音楽を担当。各地での親指ピアノ体験を綴った初の単行本「親指ピアノ道場!−アフリカの小さな楽器でひまつぶしー」(ヤマハミュージックメディア)も出版された。2010年2月にはSukiafricaのメンバーとしてアフリカ4カ国で5公演を行った。
鹿児島県出身。公式ウェブサイト http://sakakimango.com/

タンザニア国立歌舞団の主席奏者を務めた故・フクウェ ウビ ザウォセにリンバの演奏と製作を、ジンバブエのガリカイ ティリコーティにムビラの演奏を、それぞれ師事。大阪外国語大学(現・大阪大学)ではアフリカ地域文化とスワヒリ語を専攻、タンザニアの伝統音楽と楽器の音色について研究した。コンゴ民主共和国の電気リケンベや、タンザニアのリンバ、マラウィのカリンバを調査するなど、定期的に親指ピアノ関連のフィールド ワークも続けている。2010年はウガンダ北部のルケメ(アチョリ民族)とザンビアのカンコベラ(トンガ民族)を探訪した。
コンサート活動のほか、アフリカの今を伝えるトークショー、ワークショップ、学校や大学での講演も行い、大阪府箕面市のコミュニティーFM放送局・タッキー816では「サカキマンゴーのSOUND PACKER」を担当、世界のポップスや伝統音楽を紹介している。

sakaki_mango.jpg
posted by アララギスタッフ at 01:41| イベント